2014/06/16
クラウド・ファンディング セミナーinグランフロント大阪

b1-002-thumb-680x450-20


クラウド(群衆)が資金を支えモノを生み出す
ーいま注目のクラウド・ファンディングとはー
 

◯こんな方にオススメ!
・クラウドファンディングの活用に興味をお持ちの方
・新規事業を検討中の経営者
・企業の企画・開発担当者
・起業を目指すクリエイター
・将来、創業を志す学生    など

 

クラウド・ファンディングとは?
インターネットを通じて多くの人々に少額ずつの資金提供をよびかける、いま世界で注目を集めている資金調達方法です。日本でも吸うね塩前に専用WEBサイトが登場して依頼、多くの起業家やモノ作り企業などが資金集めに成功。その市場規模は、2013年は年間約6億円。2014年は1~5月の間で、すでに約5億円にまで達しています。

 

ゲスト講師

 

大崎弘子

大崎 弘子 氏(株式会社 EC studioスペース代表取締役)
『クラウド・ファンディング活用法』
大阪生まれの大阪育ち。専業主婦から「ChatWork(旧EC studio)」社にアルバイトとして入社。SEO・広報・代表秘書を経てグループ会社の代表に就任。現在はコワーキングスペース「オオサカンスペース」を運営。自らもクラウド・ファンディング実戦経験を持つほか、話題の企業イベント「Startup Weekend Osaka」を主催。企業、協業のバックアップにも力を注いでいる。

 

 

浜田画像

COUNTDOWN (浜田 淳子:COUNTDOWN運営会社アレックス株式会社 関西支社長)
『東京・大阪の2拠点で活動するクラウド・ファンディングサイト』
COUNTDOWNには「可能性にかけてチャレンジする人」と「その実現をサポートする人」が集まっています。革新的なプロダク トやテクノロジー、未知の映像、音楽などのデジタルコンテンツ、これまでにないサービスや取り組みなど、新しいチャレンジの実現 をサポーターとともに後押しします。


↓詳細情報等もこちら↓
お申込みはこちら
 

 

 

 

大阪府『クラウド・ファンディング活用サポート事業』の受託
大阪府では、大阪を中心にクラウド・ファンディングの活用促進を後押しするため、全国に先駆けて「クラウド型ファンド活用促進事業」を実施しています。この事業では、クラウド・ファンディングについて、府内中小企業への認知度の向上を目的としたPR活動や府内団体(企業・金融機関・商工団体等)とのネットワーク作りを通じた府内の有望プロジェクトの発掘、さらに発掘したプロジェクトが「クラウド・ファンディングサイト」へ掲載されるための企画案・事業計画案策定へのサポート等を目的としています。これらの活動により、府内における認知度の向上を図るとともに、府内中小企業等への活用を促進します。

クラウド・ファンディング_スキーム

↓日時場所などの詳細もこちら↓
お申込みはこちら

 


« 前の記事: | 次の記事: »