2014/02/22
経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に

経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に 経営破綻寸前と言われていた泉佐野市の視察に

ご縁があって、
経営破綻寸前と言われていた
泉佐野市の視察に。

りんくうタウン、アウトレット、
ボートピア、漁業の港などのたくさんの施設たち。

メディカルツーリズムを含めた医療特区、
駅前商店街への補助金制度などの、
新しいチャレンジ。

新しいものは確かに動いていて、
役所の見たての甘さから、
税金の使い方を誤ってしまったみたい。

でもね、買い物のしやすさ、
穏やかな風土などの影響もあり、
人口も数年増えているそうで、
『破綻』の匂いすらしない
新旧織り混ざった住みやすい街が
そこにありました。

高度成長期の賑わいの色と、
経済が下降した現代の賑わいの色は、
もう全く違っています。

昔の色を取り戻す必要なんて、
きっとないのだろうけど、
街は経営をしていかなければならない。

ここに書けないことを、
たくさん吸収した数時間でした。

 


« 前の記事: | 次の記事: »