2014/07/14
第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ

第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ 第2回目大阪市従業員労働組合でのワークショップ

第2回目となる大阪市従業員労働組合での
ワークショップ。

前回よりも、
より現場に近い立場で働いてらっしゃる
約50人の方々が参加してくださり、

日常の業務の中で、
いかに市民と協働し、
いかに地域と繋がるかについて、
ゲームを通じて活発に意見を出し合いました。

大阪市の労働組合という存在すら、
この取り組みに関わるまで、あまり知らなかったのですが、

2015年までに3400人の現業職の方々が、
大阪市の方針で仕事を失うかもしれない。
もしくは民間の会社に移されるかもしれない。

今回の参加者の皆さんは、
その問題の渦中にいる当事者なのです。

難しいこと、いっぱいですが、
一歩ずつ。一歩ずつ。ですね!

話題提供者として各テーブルについてくださった
さまざまなジャンルの課題解決に取り組んでいる
7名の皆さんにも感謝!

この日の体験から、
一つでも新たな地域での取り組みが生まれることを、
心から願っております!!!

 


« 前の記事: | 次の記事: »