2016/09/12
登壇:福祉現場から生まれたアート展のフォーラム 無事、終了しました

img_6544 img_6545 img_6594 img_6595

 

大阪デザイン振興プラザさんが主催をされた「福祉現場で生まれるアート展」、

デザインと福祉の可能性を探るシンポジウムが、無事に終了いたしました。

やまなみ工房 山下さん、
SWING 木ノ戸さん、
たんぽぽの家HANA 吉永さん、
ダブディビデザイン 柊さん

この4名の登壇者に対して、モデレーター役の僕自身、障害者アートのことはまだまだ勉強中の身という、
なんとも恐縮してしまうような立場での進行でした。

ODPは大阪のデザイン業の皆さんを応援する専門的な機関。今回は、デザイナーと福祉の接点を探り、彼らの職域を広げるチャンスが見つかるのか!?という、もう1つのミッションを抱えながらの180分でした。

こちらからの投げかけは、以下の7つ。

【問1】 一人一人の作品の中にある「モチーフ」「視点のおもしろさ」は、どうやって生まれるの?

【問2】 作品展示の際、作家が描いてきた制作過程を伝えるべき?
伝えないままでいい?

【問3】 「作品が売れる」「作品が商品化される」時、障がいある作家たちは、どう感じているの?

【問4】 デザイナーが福祉現場で生まれるアートを商品化したいと相談を持ちかけた場合、気をつけておくべきポイントは?

【問5】 商品化を目指す場合、デザイナーが作品をよりよくするために心がけるべきことは?

【問6】 今まで生み出したアート商品の中で、これは多くの人に届いた!というものを教えてください

【問7】 まだまだ、多くの人に知られていない福祉現場で生まれるアートの世界。今後、どう広がっていくべきだとお考えてらっしゃいますか?

ーーーーーーーーーーー

どんな出会い方があるにせよ、もし障害者アートの作品を使って、別の新しい何かを生み出したいの望むなら、

「瞬間的な欲求でなく、誠心誠意の力の尽くし方を持って、それに関わるのか?」

「作家に対する敬意、理解をしようとする心持ちがあるのか?」

「成功しても成功しなくても、作業所に、作家に、時間をかけて、寄り添いながら作っていくスタンスがあるか?!」

という、
誰かとともに動いていこうという、
人として当然のことを、
きちんとできるか、できないかが1つの線引きなのだと改めて感じることができました。

障がい、価値観、立場など、
生きてきた時間、触れてきた環境、出会いによって、
いろいろな気持ちが交錯するのが難しい。なので、僕自身も時間をかけて、1つ1つのモヤモヤを消化していきたいと思います。

それでも、追加で客席を増やすくらいの大盛況ぶり。

それは明らかに、各作業所が誠実に、じっくりと育て上げてきた信頼があってこそ。

心からその事実に、敬意を払いたい。

ご来場いただき、ありがとうございました!

 


« 前の記事: | 次の記事: »