2015/07/15
堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学

堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学 堺市中央区「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」工場を見学

今日は今から堺市中区のラウンドカフェ。

そして、中区といえば、
先日、区役所の方と一緒に、
堺市中区を中心に今でも息づいている
「注染 和晒(ちゅうせん わざらし)」の工場を見学させていただきました。

中崎町や梅田のルクア、東京の2K540でもお店を出している
あのカワイイ手ぬぐいの「にじゆら」は、
なんと中区の株式会社ナカニさんの
オリジナルブランドだったんです。

中区から全国に向けて発信をしている
こんな誇らしい伝統的なものづくり商品があったなんて、
区民のどのくらいの人が知っているんだろう★

代表の中尾さんからは、

伝統を守るため、
注染の価値を伝え続けていく大切さについて、

堺の注染を知ってもらうために、
あえて堺からではなく、
大阪・中崎町や東京に飛び出し、

そこで価値に気づいてもらうことで、
堺の魅力に気づいてもらう重要さについて、

そのほかにもたくさんの貴重なお話をお聞かせいただきました。

若者がたくさん働く、手ぬぐいづくりの現場も、
ときめいてしまうくらい素敵でした!

地域で大切にしてきたことを、ことを、
地域にこだわって発信するのか、

人が多く集まるところに出て、
そこで伝えていくのか。

いろいろな方法があるとは思いますが、
「にじゆら」さんは都心に可能性をかけた
前向きなチャレンジの好例だと思いました。

何か、ラウンドカフェとも親和性があれば、
本当にステキだなぁ!!

 


« 前の記事: | 次の記事: »