2014/06/02
プロジェクトの視察で淡路島へ

プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ プロジェクトの視察で淡路島へ

プロジェクトの視察で淡路島へ。
という記憶を、忘れないように備忘録。

洲本のせり、たこの天ぷらのどんぶり、淡路橋立と砲台の跡地。

小さな島だと思っていたけれど、
何度来ても知らないことがある。

子どもたちが都会の中では
けして体験できない大切なことが、

この島の地域資源の中には、
羨ましいくらい数多く隠れていました。

今と少し未来、
ちょっと遠い未来を考えてみると、
地域を起こすということって、
それぞれに難しいけれど、

資源を探さないと見つからない町もある中で、
こんなにもたくさんの恵みがあるという事実は、
神様に感謝すべきことだなぁと、

水面に映る夕焼けを見ながら、
そんなことを感じておりました。

 


« 前の記事: | 次の記事: »